今年(2019年)9月15日にお亡くなりになった樹木希林さんの映画「日々是好日」に行って来ました!

今回はお茶をたしなむ者(お茶人)としての感想と「日々是好日」の読み方と意味パンフレットオススメする理由についてもお話してみたいと思います。

 

「日々是好日」のお茶をたしなむ者としての感想

早めのお昼を済ませ、開演10分前にのこのこと映画館にやってきた私と母。

私達はそこでまず驚愕の光景を目にします。

樹木希林さんの遺作ともいえる作品だということもあるのか、読んで字の如く「長蛇の列」が出来ているではありませんか!

やっとの思いでチケットと「入場整理券」を手に入れ、長蛇の蛇行の蛇行の尻尾のあたりに並ぶことが出来ました。

そして少しづつ少しづつ、牛歩の歩みで進む中、気がつくとなにやら母がペコペコと頭を下げ続けています。

な、何?と思ったら、長蛇の列が動くたび、お知り合いの「お茶の先生方」に気がついて、口だけパクパクさせながら「まぁ~センセ、ご無沙汰いたしております!」と無声で挨拶を繰り返していたのでした。

果たしてやっとの思いで席に着き、会場暗転、ブザーを聞いて「日々是好日」は静かな音楽とともに始まりました。

この作品は、お茶をたしなむ人がその視点で楽しめるだけでなく、ヒューマンドラマとしても大変良くできていると思います。

主人公が「静」なら同い年の従姉妹は「動」。

この従姉妹に誘われ、しぶしぶ近所の茶道教室に通い始める主人公。

帛紗さばきも足の運びも全てがおっかなびっくりの二人の様子は、映画を観ているこちら側には最初の笑いのポイントです。

「そうそう、私もそうだったそうだった!」

また、二人が初めて参加した大寄せの茶会は、二人からすればまるで「大混雑のバーゲン会場」だった、というところが印象に残ったようですが、私はこういう大寄せのお茶会で必ず、目にする「お正客様大固辞大会」がしっかり描かれていたのに大爆笑でした。

「お正客様大固辞大会」とは…。

大寄せでは誰も正客になりたがらず、主催者側は必死でどなたか!どなたか!お願いします!を繰り返し、そのうち誰彼となく「〇〇先生が…」と言い始め、その先生は最後まで嫌がり(笑)、主催者側の「お正客様が決まらないと、お点前が始められない。」というトドメの一言で観念。

「私のような未熟者が高い所から失礼させていただきます。」

とあくまで「快諾」ではない。

私もこの「お願いします!」のお役目を何度も経験しており、若い頃は「何故?」何故にそんなに嫌がるのか?なんなら毎席私が正客やりましょうか?!ぐらいの勢いでイライラしていましたが、今なら分かります。

謙遜ではなく、皆「己を知っている」ので「恐れ多くて」正客が出来ないのです。

それぐらい「正客」とは貴賓なのです。

…でも、知らない方々から見たら、本当に滑稽ですよね。

さてその後、「動」の従姉妹はさっさと留学し、さっさと就職を決め、さっさと見合いをし、さっさと結婚をします。

主人公はと言えば、これと言って「一生をかけられるような何か」も見つからないまま大学卒業間近、就職試験にも落ち就職を諦めてしまう。

長年付き合った彼とは挙式2ヶ月前というタイミングで破談してしまう。

そして大好きな父にも心残りを抱いたまま永遠の別れを迎えてしまう。

…よくある話ではありませんが、あながち無い話でもありません。

多かれ少なかれ、人は挫折や後悔を抱えて生きています。

そんな主人公の紆余曲折をまるで大河のごとく「お茶」は大きく包み込み、気がつけば主人公がお茶を始めて20年の歳月が経っていました。

初釜の日、「毎年、同じことが出来る幸せ」と仰った樹木希林さん演じる武田先生の言葉は今、ボディーブローのように私に効いてきています。

当たり前の事など何一つなく、全ては奇跡の連続で出来ている。

毎日毎日が輝くような「大切な一日」、とこの映画は教えてくれます、それもとびきり美しい映像とともに!!

映画は100分ですが、20年分の人生模様と日本の四季を表す二十四節気が散りばめられていて見応え満点でした。

「日々是好日」の読み方と意味

「日々是好日」とは、唐の禅僧、雲門文偃うんもんぶんえんが悟りの境地として示した禅語です。

「ヒビコレコウジツ」と読まれることが多いのですが、本来は「ニチニチコレコウニチ」。

毎日が良い日ですよ、というより、良い日も悪い日も受け入れる。

それがひいては悟りの境地へと繋がっていくのだ、と雲門文偃禅師は説いておられます。

「日々是好日」のパンフレットはオススメです!

映画の劇中、二十四節気をひとつひとつ取り上げ、それに合わせて掛軸、茶碗、花と花入れ、季節の和菓子が宝石の展覧会のように出てくるのですが、やはり「見たら欲しくなります」し、「あのお菓子、カワイイ!どこのお菓子屋さんなんだろう?」と思うのが心情です。

そんな気になるお菓子の出処や、掛軸も茶碗も花入れも、全部、パンフレットに載っています!!

見ているだけでウットリですよ~♪

まとめ

今回は、映画「日々是好日」茶人的感想!この言葉の読み方と意味は?パンフレットもオススメです!!と題して、お茶をたしなむ者としての感想や「日々是好日」の読み方や意味、劇中の魅力的なお菓子やお道具を解説付きで見ることができる素敵なパンフレットもオススメしました。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!